第三類医薬品とは?ホワイピュアが人気な理由はここにあった!

【第三類医薬品とは?ホワイピュアが人気な理由はここにあった!】

「第三類医薬品」という名前はドラッグストアなどでよく目にしますよね。
しかし、医薬品は第一~第三類医薬品までに分けられ、それぞれ効果や販売のされ方が違うのをご存知でしょうか。
ホワイピュアは第三類医薬品になるのですが、第一、第二類医薬品とはどんな違いがあるのでしょうか。
第3類医薬品について知らない方のために、調べた結果を詳しく紹介したいと思います。

「第三類医薬品とはどんな医薬品?」

ホワイピュアを含めビタミン剤などは第三類医薬品に分類されることが多いのですが、どんな特徴がある医薬品なのでしょうか。
第三類医薬品とは第一、第二類医薬品と比べると、副作用や相互作用が極めて少ない医薬品のことを言います。
違いを知って頂くため、第一、二類医薬品についても説明させて頂きます。
第一類医薬品は副作用、相互作用とも安全性上特に注意が必要な医薬品で、店舗でも薬剤師の説明なしでは購入できないようになっています。
続いて、第二類医薬品とは「指定第二類医薬品」もあり、二種類に分けられています。
「指定」と付け足しがある場合は、特に副作用、相互作用とも安全性上注意をする必要がある医薬品ですが、薬剤師の説明を受けなくても購入することは可能です。


そして、この分類は効果ではなく副作用や相互作用のリスクによって分けられ、『この成分が含まれていたら第一類医薬品』、のように分類されています。
第三類医薬品とは第一、二類医薬品よりも気軽に購入することができて、服用後の安全性も高い医薬品だと言えますね♪

「第三類医薬品には具体的にどんな商品があるの?」

ホワイピュア以外には、具体的にはどのような商品が第三類医薬品に分類されているのでしょうか。
商品名をあげますと、「ハイチオールCホワイティア」、「ハイチオールB」、「エスファイトゴールド」、「アリナミン各種」などのビタミン剤が多いことが調べた結果分かりました。
抗アレルギー剤や風邪薬などは、服用後に副作用や相互作用が出る可能性が高い多いため、第3類医薬品にはほとんど含まれていませんでした。
ドラッグストアに行くと、薬剤師さんが待機しているカウンターがあったりしますよね?
大体その近くに第一類、二類医薬品は販売されているような気がします。
これは、薬剤師さんがすぐに対応できるように工夫されているということではないでしょうか。
特に第一類医薬品は販売するにあたり薬剤師の説明を義務つけていますので、購入者がすぐに薬剤師さんに声を掛けられるという環境を作っているのだと思えますね。

「第三類医薬品でも服用法には注意しましょう!」

副作用や相互作用の危険性は極めて低い第三類医薬品ですが、服用方法はしっかり守る必要があるのは他の医薬品と同じです。

例えば、一日の服用量は6錠と決められているのに、倍の量を服用したりするのは極めて危険なのです。

本来なら副作用の心配はない医薬品でも、大量摂取により思いもよらない事態が発生してしまう可能性はあるので注意してくださいね。
また、食後にと説明されているにもかかわらず空腹時に服用してしまったりすると、胃への負担が心配されます。
こんな事をした経験はありませんか?「朝飲み忘れたから夜にまとめて飲んじゃおう」。
今までにこのような事をしていたのなら、今後は自分の体のためにも絶対にやめましょうね。

「大量に服用すれば効果が実感されやすいと思うのはダメ!」

薬やサプリメントを、定められた服用量よりも多くすれば効果も倍になるのでは?なんて思っている方はいませんか?これは明らかに間違った考え方です。


定められた量より多めに服用したところで、効果は全く変わりません!これは実際に私が過去に経験していますので間違いないです。
私の場合は何と!恐ろしいことに風邪薬を多めに服用したことがありましたが、効果は全く変わりませんでしたね。
それどころか、胃がムカムカする感じがひどくなっただけでした。
服用量が定められているというのは、人間の体に合うように決められているということだと思いますので、守っていれば無難ということでしょう。

「まとめ」

ホワイピュアを含む第三類医薬品は副作用や相互作用危険性が極めて低い医薬品であることが分かりましたが、全く注意点がないわけではないのです。
しかし、服用方法を正しく守っていれば、無駄な心配をする必要はなくなると思います。
今後も継続して使用していきたいと思う方は、一日に定められた服用量を守って安心してホワイピュアの効果を実感してほしいと思います。
万が一、ホワイピュアを服用して湿疹等の副作用が出た場合は服用を注意してください。
また、症状がなかなか治まらない場合は医師や薬剤師に相談してみてくださいね。
人によって全く問題がない場合もあれば、少しの服用でも体に合わず副作用が出てしまうようなことはよくあります。
自分は副作用が出やすいから心配と思う方は、服用前に予め薬剤師さんなどに相談してみてはいかがでしょうか。