諦めてる女性に知ってほしい!シミ・美白クリーム「クリスタルコンプ」を成分分析!

クリスタルコンプいつの時代も、女性のお肌の悩み上位にランクインする「シミ」。とくに30代、40代と年齢を重ねるにつれて気になり出す女性は多いと思います。

シミ対策用の美白クリームはたくさんありますが、その中でも最近注目を集めているのが「クリスタルコンプ(CRYSTAL COMP)」です。シミの原因となるメラニンの生成を抑えるだけではなく、シミができにくいお肌に整えるなど多角的なアプローチをしてくれる点が人気を呼んでいます♪

ここでは、そんなクリスタルコンプの気になる成分や、シミができる原因、ケアの種類などについてもご紹介していきます!

クリスタルコンプの最安値サイトはこちら   

そもそもシミってなんでできるの?

顔の印象を一気に老けさせる上、一度できるとなかなか消えないやっかいな「シミ」。

効果的に対策するためにも、まずはどうしてシミができるのかのメカニズムから理解しておきましょう。

シミの正体は、メラニン色素が表皮に残ったものです。メラニン色素は、皮膚の下にあるメラノサイトという細胞からつくられるもので、お肌が紫外線など外部からの刺激を受けた際にたくさん産生されます。

実は、メラニン色素自体は決して悪者ではなく、むしろ私たちの肌を守ってくれているのです。実際、メラニン色素が生成されると、紫外線が真皮(表皮の内側にある層)にとどきにくくなります。
しかし、それがそのまま表皮に残ってしまった場合が問題です。通常、お肌はターンオーバーによって新しく生まれ変わるのですが、その時にメラニン色素がうまく排出しきらないとシミになります。

以上がシミのできるメカニズムです。次に、メラノサイトを活性化させる具体的な原因(刺激)をいくつか挙げてみます。

紫外線

メラニン色素をたくさん生成させる、もっとも代表的な原因が紫外線です。シミの8割近くが、長年浴びた紫外線の蓄積によるものともいわれています。

先にご説明したように、メラニン色素は紫外線が肌の奥深く(真皮)にとどくのをブロックしてくれるのですが、過剰に産生されると色素が表皮に残り、シミになってしまうのです。

肌をこするなどの刺激

肌への物理的な刺激も、メラニン色素の過剰産生につながります。たとえば、顔をゴシゴシ洗う、クレンジングシートなどで強くこする、などの行為です。

顔の皮膚はかなりデリケートなものと心得て、やさしく扱うようにしましょう。

加齢

30代以降になってからシミが気になり始める女性が多いと思いますが、それは単に紫外線などの刺激が積み重なったからだけではなく、加齢によって肌のターンオーバーがスムーズにおこなわれなくなったことも一因です。

メラニン色素がつくられても、若いころは肌のターンオーバーによって自然と排出されます。しかし、加齢とともにターンオーバーのサイクルが乱れやすくなるため、メラニン色素が表皮に残りやすくなるのです。

ホルモンバランス・ストレスなど

メラニン色素が過剰につくられる原因には、ホルモンバランスやストレスなどもあります。

たとえば、プロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンは、メラニン色素を増やす性質があるため、とくに分泌の増える「排卵後~生理まで」や「妊娠中」はシミのできやすい時期です。

ちなみに、女性ホルモンの影響でできるシミの一つに「肝斑(かんぱん)」があります。肝斑は、目の下や頬にできる左右対称の大きなシミですが、ピルの服用や妊娠がきっかけで発症または悪化することがあるため注意が必要です。

同じく、ストレスも自律神経の乱れを引き起こし、メラノサイトを活性化させてしまうことがあります。シミ予防のためにも、ストレスのためすぎには気をつけましょう!

シミへのアプローチ法。体の内側(サプリ)から&外側(化粧品)から

一度できるとなかなか消えないシミですが、対処方法はいくつかあります。

病院で受ける医学的な治療を除くと、大きく分けてサプリなどの体の内側からアプローチする方法と、クリームなどの体の外側からアプローチする方法の2つです。

それぞれのメカニズムについてご紹介します。

体の内側からのシミ対策(サプリ)

シミ対策のサプリによく使われている成分としては、「L-システイン」「アスコルビン酸(ビタミンC)」などがあります。

L-システインはアミノ酸の一種ですが、メラノサイトに「メラニン色素をつくれ!」という司令が伝わるのをブロックするはたらきがあるため、シミケア商品によく利用されています。
アスコルビン酸は、いわゆるビタミンCです。ビタミンCはメラニン色素の生成を抑えるとともに、排出をうながすはたらきもあるため、さまざまな美白商品に含まれています。

そのほかにも、ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンE・アスタキサンチンなど、シミに効くとされる成分はいろいろあり、商品によってはこれらを複数組み合わせて配合していることもあります。
サプリは飲むものだけに、シミに対して直接はたらきかけることはできませんが、「シミができにくく、排出されやすい状態にする」ためのサポートをしてくれる存在です。

体の外側からのシミ対策(化粧品)

シミに効く化粧品もたくさん販売されています。

「ハイドロキノン」や「トレチノイン」などの、医薬品にも使用されている成分が有名ですが、ほかにも「アルブチン」・「トラネキサム酸」・「プラセンタエキス」などが、メラニン色素の生成を抑える成分としてよく使われています。

また、ビタミンCを安定化させて皮膚に浸透しやすくする「ビタミンC誘導体(リン酸型ビタミンCやアスコルビン酸グルコシドなど)」も、よく使用されている成分です。
医療機関で処方される薬ほど強力ではありませんが、紫外線対策をしっかりしながら根気よく使い続けるうちに、シミが薄くなったり、新たにできるのを予防したりする効果が期待できます。

どんな人は外側からのケアに向いている?

飲んで効く・体の内側からアプローチするサプリメントと、塗って効く・体の外側からアプローチする化粧品の2つをご紹介しましたが、とくに外側からのアプローチが向いているのは以下のような人です。

 シミに直接はたらきかけるケアをしたい人
 シミの予防もしたい人
 シミ以外の悩みも解決したい人

直接肌につける化粧品は、サプリメントよりもダイレクトにメラニン色素に対してはたらきかけることができますので、効果を早く実感したい人や、ある程度目立つシミができてしまった人にオススメです。

また、シミ対策クリームは今あるシミを改善する成分に加えて、これからシミをできにくくするための成分も含まれているものが多いため、予防したい人にも向いています。

さらに、多くの美白化粧品には保湿効果や抗炎症作用・抗酸化作用のある成分も配合されていますので、ニキビや肌の老化など、シミ以外の悩みにも効果的です。とくにお肌をしっかり保湿してあげると、ターンオーバーが正常化されてメラニン色素が排出されやすくなります。そのため、美白成分だけではなく保湿成分がとても重要です!

ちなみに、サプリと化粧品は併用することもできます。がんこなシミには複数のアプローチをしたほうが効果的ですので、できればどちらも使用することをオススメします。

クリスタルコンプの成分とは? この成分がシミにアタック!

クリスタルコンプは、最近注目の美白化粧品です。

人気の秘訣は、シミに対して多角的なアプローチができるクリームである、ということ。シミを「増やさない」「濃くしない」「広げない」「残さない」ための4種類の成分が配合されています。

シミを増やさない成分

ムラサキシキブ

ムラサキシキブは、美しい紫色の果実をつけるシソ科の落葉低木です。美白効果に加えて抗酸化作用もあります。

シミの原因であるメラニン色素は、活性酸素の増加によっても生成されやすくなるため、抗酸化作用のある成分はとても重要です。

キュアベリー

キュアベリーは、ブルーベリーに似たビルベリーという植物の葉から抽出されたエキスです。

ムラサキシキブと同じく、美白効果や抗酸化作用があるほか、保湿や抗炎症の効果も確認されています。

シミを濃くしない成分

プラセンタ

美容成分として広く使用されているプラセンタには、抗酸化作用や抗炎症作用があります。

メラニン色素の過剰産生をうながす活性酸素を除去してくれるだけではなく、炎症を抑えてシミが濃くなるのを防ぐはたらきもあるため、とても重要な成分です。

党参抽出物

党参(とうじん)という漢方の生薬から抽出されたエキスです。

高麗人参と並んで古くから使われており、肌にはハリを与えたり、ストレスに強くしたりする作用をもちます。

また、メラニンの合成に関わる酵素の活性を抑えたり、メラニン色素の沈着を防いだりする効果もあるため、美白成分としても重宝されています。

シミを広げない成分

タイムエキス

ハーブの一種、タイムから抽出されたエキスで、「キネシン」というタンパク質のはたらきを抑えます。

キネシンは、メラノサイトから産生されたメラニン色素を表皮細胞に運ぶ「運搬役」のため、これをブロックすることでシミの拡大を防ぐ効果が期待できます。

シミを残さない成分

セイヨウナシ果汁発酵液

セイヨウナシの果実を、乳酸菌で発酵させたエキスです。

お肌を柔らかくしたり、保湿したりする効果があるほか、ターンオーバーを促進させる作用もあり、表皮に残ったメラニン色素の排出をサポートしてくれます。

上記のほかにも、クリスタルコンプにはうるおい成分であるコラーゲンやヒアルロン酸もたっぷりと配合されています。

さらに、これらの成分をただ入れるだけではなく、独自の技術でナノ化することで、確実にお肌に浸透させることが可能です!

また、製品は国内で生産されているほか、「香料・合成着色料・鉱物油・石油系界面活性剤・エタノール・パラベン・紫外線吸収剤」はすべて無添加になっているなど、安全性にもこだわってつくられている点がうれしいですね♪

まとめ

今話題のシミ対策クリーム、クリスタルコンプの成分についてくわしくご紹介しました。

シミの原因は、紫外線をはじめとする外部の刺激からお肌を守るために産生される「メラニン色素」です。それがうまく排出されず表皮に残ってしまったものがシミになります。

ですから、シミを薄くするためにはメラニン色素を外に出す必要があるのですが、そのためには「肌のターンオーバーを活性化させる」「すでにあるシミをこれ以上濃くさせない」など、複数のアプローチが効果的です。

クリスタルコンプは、まさに多角的なアプローチができるクリームですので、シミに悩んでいる方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

クリスタルコンプの最安値サイトはこちら